袋詰めの「焙煎はとむぎ」と瓶入りの「はとむぎふりかけ」

 【小山】市特産のハトムギを使った新商品「はとむぎふりかけ」とスナック菓子感覚の「焙煎(ばいせん)はとむぎ」が相次いで開発された。市などの実証研究で、はとむぎ茶を毎日飲み続けると高血圧や動脈硬化などの生活習慣病を予防する効果があったとする結果も得られており、市は手軽に食べられる商品を開発することでハトムギの魅力を広く発信していく考えだ。

 新商品は市や新小山市民病院、JAおやま、小山はとむぎ生産組合などで構成する「はとむぎで健康長寿100歳を目指すまちづくり推進協議会」が企画、開発した。

 市はハトムギの国内有数の産地で、2018年産の作付面積は約80ヘクタール、出荷量は約188トンだった。市は本年度からの3年間で国の地方創生交付金を活用し「はとむぎの健康効能を生かした健康長寿のまちづくり」に取り組んでおり、その一環で使いやすくて食べやすい商品を開発した。