19日午前11時36分ごろ、JR京浜東北線南浦和-蕨駅間で、運転士が線路脇で火災が発生しているのを認め停車。京浜東北線の大宮-大船駅間、宇都宮線の東京-宇都宮駅間、高崎線の東京-高崎駅間、湘南新宿ラインで運転を見合わせた。

 JR東日本によると、消火活動終了後、係員が線路などの安全確認を行い、午後0時36分、京浜東北線大宮-大船駅間の南北行で運転を再開。宇都宮線、高崎線、湘南新宿ラインは午後0時10分に運転再開。上下南北33本に最大60分の遅れ、約1万8000人に影響した。