「天平の花まつり」のチラシ(市観光協会提供)

 【下野】市観光協会は20日から、サクラの名所として知られる天平の丘公園をメイン会場に恒例の「天平の花まつり」を開催する。今回で40周年を迎えることに加え、「栃木アフターデスティネーションキャンペーン(DC)」関連イベントでもあることから、期間中は例年以上に多彩なイベントを企画している。

 公園内には約470本のサクラが植えられ、期間中は市内外から約20万人が訪れる。サクラの約8割を占める八重桜は例年4月中旬あたりに見頃を迎えるほか、早咲きの淡墨桜は今月下旬から楽しめる。