3勝1敗で7連覇を決めた渡辺棋王(左)の第1手、右は挑戦者の広瀬竜王=17日午前9時、宇都宮グランドホテル

 将棋の渡辺明(わたなべ・あきら)棋王(34)に広瀬章人(ひろせ・あきひと)竜王(32)が挑戦していた第44期棋王戦(共同通信社主催)5番勝負の第4局は17日、宇都宮市の宇都宮グランドホテルで指され、午後7時31分、145手で先手の渡辺棋王が勝ち、対戦成績3勝1敗で7連覇を達成、通算7期目の棋王位を獲得した。

Web写真館に別カットの写真

 渡辺棋王は2月25日に奪取した王将と合わせ、二冠を維持した。2017年、棋王戦で5連覇を成し遂げ、羽生善治(はぶ・よしはる)九段(48)に次いで史上2人目の永世棋王の資格を得た。タイトル獲得数はこれで、歴代5位の通算22期となった。

 広瀬竜王は今回、棋王初挑戦で自身初の二冠はならなかった。

 持ち時間は各4時間のうち、残りは共に1分。