保育所の入所申込書。ここに記載された多数の項目をAIが点数化して入所先を判定する

保育所の入所申込書。ここに記載された多数の項目をAIが点数化して入所先を判定する

 小山市は4月から、子どもが入所する保育所を人工知能(AI)で割り振る「保育所入所AIマッチング」の実証実験に乗り出す。保護者の状況や希望を踏まえてAIが最適な保育所を判断する試みで、同市は「県内の自治体では初めて」という。市は職員による作業時間の短縮と、迅速な選定が可能になると期待している。

 2019年度に市独自のシステムを構築し、21年4月入所の申し込みからAIの導入を目指す。

 同市こども課によると、市内の保育所は民間の保育園と認定こども園を含め45カ所あり、年間で計1千人以上の入所申し込みがある。