非常用発電機と照明器の点検を行う教職員

 【小山】東日本大震災による停電を教訓に、指定避難所となっている市内35の小中学校で11日、非常用発電機と照明器の一斉点検が行われた。震災発生から8年目の節目に避難所開設への備えも確認しようと、市消防本部からの無線指示で初めて実施した。

 午後2時40分、同本部から各学校へ、発電機と照明器の点検をするよう一斉に無線連絡した。