JR東日本によると、11日午後6時27分ごろ、東京発仙台・山形行きの東北新幹線やまびこ・つばさ153号が大宮駅構内で車両点検を行い、同46分に運転を再開したが、正常な信号を受信できず、再び小山駅で運転を取りやめ運休とした。乗客は後続に乗り換えを行った。

 このため下り2本が運休し、下り3本が最大で45分遅れ、約3千人に影響した。