てきぱきと行われた炊き出し訓練

 【茂木】東日本大震災から8年を迎えた11日、町社会福祉協議会は、大地震を想定した「3・11あの日を忘れない 災害時見守り訓練および追悼行事」を町保健福祉センター「元気アップ館」で実施した。

 訓練は同館を災害ボランティアセンターとし、町社協と町民生委員児童委員協議会を核に町ボランティア連絡協議会の19団体と個人159人が参加。