追悼と復興の願いを込めハト形の風船を飛ばすさくら清修高の生徒たち

 【さくら】東日本大震災から8年を迎えた11日、さくら清修高の生徒らが市喜連川社会福祉センター駐車場で、合唱をしたり灯籠に明かりをともしたりして地震や津波で亡くなった人たちを追悼し、復興を願った。

 「SAKURA3・11絆プロジェト」と名付けられたイベントは、1、2年生による実行委員会と市社会福祉協議会の共催。