コントロール・アタックを楽しむ参加者=10日午前、宇都宮市若草1丁目

コントロール・アタックを楽しむ参加者=10日午前、宇都宮市若草1丁目

コントロール・アタックを楽しむ参加者=10日午前、宇都宮市若草1丁目 コントロール・アタックを楽しむ参加者=10日午前、宇都宮市若草1丁目

 第10回県障害者コントロール・アタック大会(NPO法人県障害者スポーツ協会主催)が10日、宇都宮市若草1丁目のとちぎ福祉プラザ障害者スポーツセンターで開かれた。

 コントロール・アタックは障害者スポーツ「ボッチャ」をベースに同協会が考案した競技。ボッチャでも使用する柔らかいボールを指定の場所から得点が表示されたコート内の円に向かって投げる。

 大会は交流や社会参加促進が目的に開かれ、県内から24チームが出場。肢体、聴覚、視覚、知的などの障害者や健常者ら100人以上が競技を楽しんだ。優勝チームは「ゆうがお」、準優勝は「矢板市身体障害者福祉会」、3位は「スカイベリー」と「市貝町喜楽会」。