弔問に訪れる市職員ら=10日午前9時5分、那須塩原市豊浦

 那須塩原市の君島寛(きみじまひろし)市長死去から一夜明けた10日、同市の職員や市民などの弔問客が、通夜、告別式が行われる同市内の葬儀場を訪れ冥福を祈った。午前9時過ぎから、君島市長をしのぶ人が次々と会場に入り死を悼んだ。

 同市鍋掛、農業吉沢正夫(よしざわまさお)さん(71)は「地域の要望を真摯(しんし)に聞き、実現させてくれた」と感謝、「明るくて温厚な人柄。人の意見を聞いてくれ、決断の速い人だった」と話した。前同市企画部長の藤田輝夫(ふじたてるお)さん(61)は「常に市民目線に立ったまちづくりを目指していた。職員からの信頼も厚かった」と故人をしのんだ。