後半4分、栃木SCのFW大崎(右から2人目)がシュートを放つ=県グリーンスタジアム

後半8分、栃木SCのGK劉が相手のシュートを防ぐ=県グリーンスタジアム

後半4分、栃木SCのFW大崎(右から2人目)がシュートを放つ=県グリーンスタジアム 後半8分、栃木SCのGK劉が相手のシュートを防ぐ=県グリーンスタジアム

 明治安田J2第3節は10日、各地で5試合を行い、栃木SCは県グリーンスタジアムで横浜Cと対戦、試合終了間際に失点し、0-1で敗れた。開幕から3戦連続無得点で2連敗。通算成績は1分け2敗の勝ち点1で順位は21位に後退した。 

 今季初勝利を狙う栃木SCは前節からスタメン2人を変更し、MF西谷優希(にしやゆうき)とFW大崎淳矢(おおさきじゅんや)が今季初先発。前半20分にはショートカウンターからFW西谷和希(にしやかずき)が強烈なシュートを放つも相手GKに阻まれた。22分には左サイドでボールを奪われ決定的な場面をつくられたがGK劉鉉(ユヒョン)が好セーブで防いだ。

 後半は開始から押し込まれる展開となったが、守備陣がゴール前で粘り強く対応。24分にもドリブルで切り込んだ大崎がゴール前にクロスを送るもFW大黒将志(おおぐろまさし)が決めきれなかった。アディショナルタイムには相手にゴール付近でパスをつなげられ、最後はディフェンスラインの裏へ抜けだした相手FWに決勝ゴールを決められた。

 次節は16日午後2時から、東京都調布市の味の素スタジアムで東京Vと戦う。