君島市長の自宅を訪れる弔問客=9日午後7時55分、那須塩原市錦町

 「必ず復帰してくれると願っていた」「さぞ無念だったろう」-。市内の病院に入院していた君島寛(きみじまひろし)那須塩原市長が死去した9日、関係者に驚きと悲しみが広がった。同日午後3時に開かれた市の臨時部長会議で訃報を知った市幹部たちは絶句。市内の君島市長の自宅では夜になり、近隣首長らが弔問に訪れる姿も見られるなど突然の死を悼む声に包まれた。