那須町湯本の国有林で2017年3月、登山講習会中だった大田原高の生徒7人と教諭1人の計8人が死亡するなどした雪崩事故で、県警は8日、業務上過失致死傷の疑いで事故当時の県高校体育連盟(県高体連)登山専門部専門委員長ら男性教諭3人を書類送検した。