栃木GBが今季初勝利 飯原1号、打線が発奮

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は11日、小山運動公園野球場で群馬と対戦、8−7で競り勝ち、今季初白星を飾った。通算成績は1勝1分け1敗。

 栃木GBは初回に1点先制を許したが、その裏にすぐさま反撃した。先頭のルーカスが右前打で出塁し、1死から3番飯原誉士(いいはらやすし)が今季第1号の左翼越え2点本塁打を放ち逆転に成功。二回は2死から3四死球で満塁とし、敵失や飯原の左前適時打などで一挙5点を挙げ、試合の主導権を握った。

 初回に先制点を許した先発ウーゴは、二回以降は走者を背負いながらも粘投し、6回3失点と試合をつくった。七回は韓善泰(ハンソンテ)、八回は前田大佳(まえだまさよし)が2点ずつを失い、1点差にまで追い上げられた。しかし、最終回は橋詰循(はしづめじゅん)がきっちりと無失点に抑えて逃げ切った。

 栃木GBは13日午後6時から、同球場で武蔵と対戦する。