宇都宮大がまとめたSDGs事例集で紹介されている研究内容の一部

 宇都宮大は5日までに、貧困や飢餓の撲滅など国連が設けた持続可能な開発目標(SDGs)の観点から、同大の教育研究活動をまとめた事例集を作成した。175事例をホームページで公開している。活動を知ってもらうと同時に、SDGsの達成に向けた新たな連携などに期待している。

 SDGsは持続可能な世界を実現するため、2015年に国連で採択。貧困・飢餓撲滅のほか、衛生環境の改善、保健福祉の増進、教育の確保など計17分野の目標を設定した。