勤務時間中に同僚男性を殴りけがをさせたとして、大田原市は5日、総合政策部の男性主任主事(30)を同日付で停職4カ月の懲戒処分にしたと発表した。監督責任を問い、男性が当時所属していた市民生活部の50代女性課長を戒告処分とした。