事業を停止した三桝屋大田原店=5日午後、大田原市本町1丁目

 【大田原】スーパーマーケット「三桝屋(みますや)」(本町1丁目)の事業停止から一夜明けた5日、利用客や取引先に驚きと戸惑いが広がった。「店舗改装のため」として大幅な値引きセールを行った直後、突然の事業停止。この日は、事情を知らずに来店する人も相次ぎ「残念でならない」と肩を落とした。

 三桝屋は大田原店と西那須野店(那須塩原市)を展開。地元の有機野菜などこだわりの食材に定評があった。1~3日には「売り尽くしセール」を実施。「全品半額以上(の値引き)」とした最終日は朝から客が押し寄せ、ごった返した。

 翌4日、店に「三桝屋は営業継続が困難なことから廃業」とする告示書が掲示された。5日も断続的に客が訪れ「ただ今改装中です 開店日が決定次第お知らせ致します」との張り紙を見つめていた。

 個性的な品ぞろえでファンも多かった同店。同市の70代主婦は「ここでしか買えないものがあった。寂しい限りです」。多くの関係先も突然の事態に困惑。地元農家は「経営方針に賛同して出荷していた。これからどうなるのか」と表情を曇らせた。