「ことりっぷ」県内初発行 栃木市、6万部を無料配布

 【栃木】1日から始まったJRグループの大型観光企画「デスティネーションキャンペーン(DC)」に合わせ市はこのほど、女性に人気の旅行ガイドブック「ことりっぷ」(昭文社)とコラボレーションした「ことりっぷ 栃木市」6万部を県内で初めて発行した。市役所や市観光協会、東京スカイツリータウン・ソラマチ(東京都墨田区)内の本県のアンテナショップ「とちまるショップ」などで無料配布している。

 「ことりっぷ」は20代~40代の女性に人気のガイドブック。これまで全国30以上の自治体や、鉄道会社などが同誌とコラボレーションしている。

 DCを前に、市観光振興課は「若い女性観光客が少ない」と分析。DCは特に30代~40代の女性をターゲットにしていることから、市は同誌に着目したという。

(問)同課0282・21・2373。