こま犬? いいえ「こま牛」 道真の使者、川崎天満宮に建立 足利

 【足利】川崎町の川崎天満宮にこのほど、こま犬ならぬ「こま牛」が建立された。実はこま犬がいなくなって久しいが、同天満宮で約145年ぶりの拝殿改修に合わせ、「学問の神様」とされる祭神菅原道真(すがわらのみちざね)の使者とされ、太宰府天満宮(福岡県)や湯島天神(東京都)などにも祭られている牛にしたという。由緒ある神社で、参拝者に試験合格などの御利益を運ぶ“御神牛”となりそうだ。

 同天満宮の創建時期は不明だが江戸時代、京都から日光東照宮へ向かう例幣使が道中、参拝する習わしがあったとされる。同天満宮の「日光例幣使短冊」は市文化財に指定されている。

 1965年、近くの渡良瀬川の改修工事で元の場所から約100メートル北に移された。