ましこびとを訪れた斎藤選手(右)と黒子さん

共同開発されたパウンドケーキ

ましこびとを訪れた斎藤選手(右)と黒子さん 共同開発されたパウンドケーキ

 【益子】上大羽のカフェ「ましこびと」オーナーで栄養士黒子善久(くろこよしひさ)さん(43)が、トレイルランニング日本代表選手と共同開発した「罪悪感のないおやつ」の人気が広がりつつある。糖質などを抑えたパウンドケーキで、トレランのトップ選手のほか、受験生や肥満を抑えたい人などの需要も見え始めた。

 黒子さんによると、山岳コースを走るトレランなどのアスリートは厳しい体調管理が欠かせず、糖質や脂質が多い甘いお菓子を口にすると罪悪感を感じるという。

 地元の雨巻山を走る「トレラン益子」の実行委員も務める黒子さんは「罪悪感のないおやつを生み出したい」と考え、トレランのつながりから、昨年11月、日本代表選手で管理栄養士でもある斎藤綾乃(さいとうあやの)さん(29)=三重県菰野(こもの)町=に助言を求めた。