第2クォーター、ブレックスの竹内がシュートを決める=浜松アリーナ

第2クォーター、ブレックスの比江島がシュートを決める=浜松アリーナ

第2クォーター、ブレックスの竹内がシュートを決める=浜松アリーナ 第2クォーター、ブレックスの比江島がシュートを決める=浜松アリーナ

 プロバスケットボールB1第25節は2日、各地で9試合を行い、東地区2位の栃木ブレックスは静岡県の浜松アリーナで中地区5位の三遠と対戦、73-53で快勝しリーグ再開初戦を白星で飾った。4連勝で通算成績は33勝8敗、順位は変わらない。

 ブレックスは高い位置からの積極的な守りが機能し、終始優位に試合を進めた。第1クオーター(Q)序盤こそ先行されたが、オフェンスリバウンドからの2次攻撃で加点し18-12とリード。第2Qは日本代表に名を連ねた竹内公輔(たけうちこうすけ)、比江島慎(ひえじままこと)の活躍などで点差を広げ、38-22で折り返した。

 第3Qは相手の厳しい守りに苦しみ、一時6点差まで追い上げを許したが、第4Qは比江島、渡辺裕規(わたなべひろのり)の3点シュートなどで得点を重ね再び突き放した。

 ブレックスは3日午後2時5分から、同会場で三遠と対戦する。