指紋採取を体験する参加者=2日午後、宇都宮市若草2丁目

フリートークで現役の警察官に質問する参加者=2日午後、宇都宮市若草2丁目

指紋採取を体験する参加者=2日午後、宇都宮市若草2丁目

指紋採取を体験する参加者=2日午後、宇都宮市若草2丁目 フリートークで現役の警察官に質問する参加者=2日午後、宇都宮市若草2丁目 指紋採取を体験する参加者=2日午後、宇都宮市若草2丁目

 警察官を目指す学生らに仕事内容や魅力を知ってもらおうと、県警は2日、宇都宮市若草2丁目の県警察学校で「体験型業務説明会」を開いた。県内外から16~32歳の91人が参加した。

 民家の空き巣事件を想定した捜査シミュレーションでは、参加者が指紋や足跡を採取し、架空の容疑者を特定する捜査を体験した。若手警察官や行政職員とのフリートークも行われ、参加者は試験対策や仕事のやりがいなどを質問し、疑問を解消していた。

 資料などの問い合わせは県警警務課、フリーダイヤル0120・48・6106(平日午前8時半~午後5時15分)。