【満足ランチ】メイプルの森(佐野) 野菜たっぷり、女性に人気

【満足ランチ】メイプルの森(佐野) 野菜たっぷり、女性に人気

 住宅街の一角にある落ち着いた雰囲気のレストラン。オーナーの柳原謙一さん(42)によると、コンセプトは「新鮮な野菜を多く取り入れた、体に優しい料理店」。客の9割が女性で、ランチには予約で満席になることも珍しくないという。

 柳原さんは高校卒業後、大阪や東京でイタリアンの腕を磨いた。20代後半で佐野にUターン。近隣の店に勤めながら料理の幅を広げ、2006年11月に店をオープンした。

 メニューはコース料理のみ。毎月20日ごろに内容が替わり、旬の素材を使っている。「せっかくなので空間や時間を満喫してほしい」と、食前のドリンクが付くのも特徴の一つ。ザクロや赤ブドウなどの果汁100%ジュースが人気という。

 約1時間かけて、全11品を提供する。「野菜のラタトゥイユ」「長芋のみそ風味グラタン」など、前菜からデザートまで工夫を凝らした料理が続く。

 8種類から選べるメーンディッシュの中で、最も人気なのは「ホタテ貝のトマト焼き」(Eランチ)。酸味と甘みが絶妙なレモンバターソースで味付けした一品で、パプリカやスナップエンドウが彩りを加えている。

 ご飯は十五穀米、食後にはコラーゲン入りのコーヒーも頼める。女性人気が高いのもうなずける品ぞろえだ。