【満足ランチ】彩雅(栃木) 週替わりランチ、地元食材生かす味

【満足ランチ】彩雅(栃木) 週替わりランチ、地元食材生かす味

 幹線道路に近いが、隠れ家的なたたずまい。口コミに支えられ、開店22年目を迎えた地元の人気店だ。

 調理を一手に手掛けるのは、都内など首都圏で修業した店主の石崎雅幸さん(45)。区画整理による実家の現在地への移転が決まったのを機に独立した。6年という短い修業期間に不安もあったが、「チャンスだと思った。大変だった時も常連さんに支えられた」

 「食材を通じて地元の魅力を知ってほしい」との思いから地元産の食材にこだわる。豚肉は群馬県のブランド牛「上州豚」を使用するが、米は西方産コシヒカリ、牛肉はとちぎ和牛。鶏は岩舟町の生産者から仕入れる。野菜は地元の直売所で自ら買い付け、20種類以上を常備する。

 週替わりランチは昼の客の約半数が頼む。A(900円)とB(1千円)の2種類で肉類、魚介類いずれかがメーン。ご飯、スープ、サラダ、漬物、デザート、飲み物が付く。

 23日からのBランチは「芝エビと季節野菜のオイスターソース炒め」。ぷりぷりとした食感のエビとブロッコリーやゴーヤー、パプリカなどの野菜がソースに絡む。香ばしい香りが食欲をそそり、色とりどりの野菜が見た目にも鮮やかだ。

 客層は幅広く、女性だけの日もあれば、サラリーマンで席が埋まる日も。2月末に始めたフェイスブック効果で、県外の客も増えた。土日は、空席の有無を事前に確認するのがベストという。