宇都宮市下栗町の民家の庭で1月下旬、飼い犬のビーグル犬2匹が死んでいるのが見つかり、庭にあったえさから農薬の成分が検出されていたことが1日、捜査関係者への取材で分かった。飼い主によると、庭にあったえさは、飼い犬に与えたものではなかったという。宇都宮南署は、2匹が同じ場所で死んでいたことなどから事件の可能性もあるとみて、器物損壊容疑で捜査している。

 飼い主の会社員男性によると、2匹は庭で飼っており、朝、倒れている雌(7歳)を発見。近くの雄(11歳)もけいれんしており、次第に動かなくなったという。夫婦は県警に通報する一方、動物病院を探したが、2匹とも死んでしまった。

 捜査関係者によると、県警が庭にあったえさを調べた結果、農薬の成分が検出されたという。この農薬は有害で摂取すれば死ぬこともあるとされる。

 飼い主の男性は「2匹の犬は私たち夫婦にとって家族の一員だった。このようなことをされる理由が分からず、『何で』という怒りと疑問で整理がつかない」としている。