参拝客らを楽しませている朝日森天満宮の梅の花

 【佐野】天神町の朝日森天満宮の参道で梅の花が開花し、参拝客らを楽しませている。

 朝日森天満宮は平安時代に創建された由緒ある神社で、学問の神様である菅原道真(すがわらのみちざね)が祭られている。1990年に参道を整備した際、約100メートルの参道の両側に計約100本の白梅と紅梅を植樹するとともに赤色の灯籠も設置した。