そば割烹 嵯峨野(栃木) 四季御前 完売必至の「ミニ懐石」 

そば割烹 嵯峨野(栃木) 四季御前 完売必至の「ミニ懐石」 

 菜の花とアオヤギの酢みそあえやサワラの西京焼、甘酸っぱいイチゴのババロアなど、一足早い春の訪れを感じさせる料理の数々。名前の通り、旬な食材を使って四季を感じさせる「ミニ懐石」は、店自慢のランチメニューだ。

 このほか、揚げ物、ご飯、刺し身、茶わん蒸し、サラダ、おしんこ、そば・うどんの計10品が1日30食限定で提供される。品数の多さが女性や家族連れの客に人気だといい、早い時には正午すぎに売り切れてしまうことも。

 県内外のレストランやホテルで経験を積んだ店主の富田明利さん(60)が、「地元に店を構えたい」と1986年に料理人の友人の協力を得て店をオープンさせた。店名は京都の嵯峨野をイメージしており、「懐石料理を出す店」として「柔らかいイメージで気軽に立ち寄ってほしい」との思いが込められている。

 現在は長男の光展さんが料理長を務めており、メニューの開発などを手掛けている。この御膳も光展さんの発案で5年前に始められた。

 「最近は観光がてらに市内や県外から足を運んでくれるお客さまもいる」と明利さん。太平山麓を望みながら、季節の移ろいを食で感じるのもまた一興だ。

 ▽お薦めランチ 四季御膳 1千円▽所在地 栃木市大平町下皆川850の2 電話0282・43・4659▽営業時間 午前11時~午後2時30分、午後5時~同9時30分(オーダーストップ午後9時)▽定休日 月曜日