ととや(佐野) ネギトロメンチ定食 ヘルシーさが女性に人気

ととや(佐野) ネギトロメンチ定食 ヘルシーさが女性に人気

 肉の代わりに新鮮なネギトロを使ったヘルシーな一品。ふわふわとした食感で、後味もしつこくない。マグロのスジを煮出して抽出したコラーゲンを練り込んでいるといい、女性の人気が高いのもうなずける。ソースではなく、わさびじょうゆをかけて楽しむのが店のお薦めだ。

 葛生地区中心部の「葛の里一番館」に入る海鮮料理メーンの居酒屋。マスターの篠崎雅英さん(41)は新吉水町出身、実家のスーパーや居酒屋修行を経て2004年創業した。

 12種類にわたるランチメニューの値段は590~990円で、定食にはご飯とみそ汁、おしんこが付く。一番人気はマグロやホタテ、サーモン、タコなどをたっぷり載せた海鮮丼定食。特製ソースに浸した「ソースマグロカツ丼」、あさりの酒蒸しをヒントに創作したという「あさりラーメン」もリピーターが多い人気メニュー。

 店内は決して広くはなく、アットホームな雰囲気。常連から慕われる「看板娘」の母三枝子さん(70)らと少人数で切り盛りしている。「うそやごまかしのない商売が信条。素材ごとに最適なタイミングを見計らい提供するよう心掛けている」と篠崎さん。再来年の創業10周年を控え、店の改装を検討中だ。

 なお、市内に同名の店舗があるが、直接の関連はないという。