旬房まんぷく(足利) 「御宝美コース」 こだわりの生湯葉で鍋

旬房まんぷく(足利) 「御宝美コース」 こだわりの生湯葉で鍋

 鍋に火を入れると、豆乳入りの真っ白なだしに、黒豚の脂と、軟らかな生湯葉が溶けだす。

 平日限定の「御宝美コース」。メーンは、日光の生湯葉をたっぷりと使った「特製生ゆば鍋」。豆腐や野菜なども入ったヘルシーな鍋は、女性客を中心に人気が高い。

 生湯葉は、店主の高倉洋一郎さん(34)が「口当たりが滑らかで、かつクセがなくて食べやすいものを」と、試食を重ねて選び抜いた。職人が一枚一枚すくい上げた、手作りの生湯葉だ。

 だしは、3種類のかつおだしなどを合わせた。あっさりとしながらも、深みのある味わい。「飲み干していかれるお客さんも多く、うれしい限り」(高倉さん)という。

 コースの前菜は、季節ごとに変わる。冬は「大根煮の合鴨添え」など。次いで、マグロやサーモンなどの刺し身、ご飯とみそ汁、デザート、コーヒーが順番に出る。

 店は住宅街の一角にあり、隠れ家のようなたたずまい。静岡県の料亭で修業した高倉さんが「気の利いたものをふらりと食べに行ける店にしたい」と、2004年に開店した。

 店内はジャズが流れ、優雅で落ち着ける空間。心まで「まんぷく」になる。

 ▽お薦めランチ 御宝美コース 1280円(要予約)▽所在地 足利市堀込町1698の3 電話0284・73・2456▽営業時間 午前11時45~午後2時、午後5時半~同10時▽定休日 火曜日