【あじナビ】大衆沖縄料理キンタコ(真岡)

【あじナビ】大衆沖縄料理キンタコ(真岡)

 【こんな店】沖縄県名護市で約6年間ステーキハウスを経営していた店主頭間信さん(40)=台町=が、沖縄の仲間から伝授された味をもとにことし6月オープン。ランチタイムは沖縄そばと、沖縄のソウルフード・タコライス(各600円)を提供。夜はゴーヤーチャンプルー、フーチャンプルー(各600円)をはじめ、テビチ、ラフテー、海ぶどうなど本場を味を堪能できる。食材のほとんどを沖縄から仕入れ、ビールはもちろんオリオンビール。30種類を超える泡盛もそろえ、目玉は26年もののハブ酒。「うちなータイムを意識しながら、のんびりやってます」(頭間さん)。

 ■推薦者 藤田 則子さん 47歳 真岡市 団体職員

 【ここがお薦め】タコライスが好きで、今では4歳の孫も好物になってしまいました。店主がおいしい食べ方を教えてくれるのもうれしいです。仕入れにこだわっているので、宴会が入った翌日は材料切れで臨時休業になる日もあるようです。すごいと思うのはハブ酒。強烈なお酒ですが、スプーン1杯飲むだけでも次の日明らかに体調がいいんです。