「ずっと登山を続けたい」と語る三輪浦さん=2月25日午後、東京都内

 那須町で2017年3月に起きた雪崩事故で、亡くなった8人と共に雪崩に巻き込まれ、重傷を負った大田原高3年、同校前山岳部長の三輪浦淳和(みわうらじゅんな)さん(18)が28日までに、下野新聞社の取材に応じた。高校卒業を前に、事故後の思いなどを振り返り「この先も登山を続け、安全登山に向けた環境づくりにも携わっていきたい」と語った。3月1日に行われる卒業式で、三輪浦さんら事故当時1年生だった生徒たちが学びやを巣立つ。

 三輪浦さんは事故で1人の恩師、3人の先輩、4人の同級生を失い、自身も脚などに1カ月の重傷を負った。それでも「今後、仲間を失わずに登山を続けるにはどうすればよいかを探すため、登山はやめない」と決意した。

 同校では昨年7月まで山岳部の部長を務め、部員を率いた。登山活動を行う中では時に、責任感や緊張感が重くのし掛かったが、「『山を楽しむ』という登山の原点に返り、見失わないようにした」という。

 事故後にブログ「山の羅針盤」も立ち上げ、山岳部の活動などを発信してきた。今年1月の投稿では、事故当日を初めて振り返った。「あの場にいた人間にしか、生身の感覚は表現できない」。そんな思いに駆られ、執筆したという。

 大学生、社会人になっても登山を続け「一登山者として山を全力で楽しんでいきたい」と語る。その上で「あの事故の反省を、山に入る全ての人たちの役に立てたい」と話す。「もし自分が犠牲者だったら、生き残った人には前を向いてほしいし、事故の教訓を他の誰かの命を救うことにつなげてほしいと思うはずだから」。再発防止に向けた思いは強い。

 事故で亡くなった先輩の浅井譲(あさいゆずる)さん、鏑木悠輔(かぶらぎゆうすけ)さん=いずれも当時(17)=とは、3人でアフリカ最高峰のキリマンジャロに登る約束をしていた。「登頂は必ずかなえたい」。三輪浦さんは力を込めた。