【あじナビ】そば亭 瀬左衛門(鹿沼) 古民家で味わうニラそば 

【あじナビ】そば亭 瀬左衛門(鹿沼) 古民家で味わうニラそば 

 【こんな店】店主の大岡耕造さん(66)が13年前、工場経営から転業、開店した。妻シゲ子さん(65)と2人で経営。江戸時代に造られた農家の一部を友人から譲り受けて店を建築。重厚なケヤキの大黒柱にまたがる曲がりくねった黒い梁が、むき出しになっているのが特徴。店名は先祖の名前を用いた。

 推薦者 満金 留男さん 宇都宮市 相撲甚句漫談家

 【ここがお薦め】山、川の近くで環境の良いところにポツンと古民家が建っている雰囲気が好きで、よく来ています。県内でもほかにはなかなかないです。えび野菜天もり(1300円)と鹿沼名物のニラそば(750円)が大好きです。

 井戸水をくみ上げて調理に使っているそうです。地元産玄そばを100%用い、青竹打ちしためんは、しこしこした食感が特徴です。東武線の電車から見えロケーションの良さに、県外の人からも「来てみたかった。癒やされる」と人気です。めんは朝早くからすべて手打ちで作っていますが、昼すぎには追い打ちすることもあるそうです。