【あじナビ】麺屋 一里(いちり)(芳賀) こだわりの自家製麺と無化調スープ

【あじナビ】麺屋 一里(いちり)(芳賀) こだわりの自家製麺と無化調スープ

 【こんな店】店主の里川謙一さん(46)が2008年12月、生まれ育った地にオープンした。妻の弥生さん(46)と二人三脚で切り盛りする。

 こだわりは県内産小麦粉を使った「自家製麺」と、うま味調味料を一切使わない「無化調スープ」。あっさりした醤油や手間暇かけて完成させた味噌と塩、3種のスープが楽しめる。「お客さんの声を聞きながらたどりついた味」で、麺はメニューと異なる太さも選べるという。店内は25席と20人が入れる座敷があり「平日昼時は近くの工業団地のみなさんが多いです」と笑顔をみせる。

 【ここがお薦め】いつも頼むのは豚骨魚介系太麺の「つけ麺」(600円)。辛味ねぎをトッピングします。家族は「和風らー麺」(550円)が好きです。茶色っぽい細麺が特徴で、食物繊維や鉄分が豊富な全粒粉が使われているそうです。器も含め、見た目はまるでたぬきそばですよ。がっつり食べたい人は鶏飯セットもおすすめ。鶏のささみがのったご飯にラーメンのスープを入れ、お茶漬けのように食べるとおいしんです。

 【推薦者】平山勇樹(ひらやま・ゆうき)さん 32歳、矢板市、会社員

 ▽所在地 芳賀町下高根沢3919の414 電話028・677・5719▽営業時間 午前11時30分~午後2時、午後5時30分~8時30分▽定休日 月曜日▽駐車場20台