5月末で営業を終了する宇都宮パルコ=28日午前、宇都宮市馬場通り1丁目

 全国でファッションビルを展開するパルコ(東京都豊島区、牧山浩三(まきやまこうぞう)社長)は28日、5月末で宇都宮パルコ(宇都宮市馬場通り3丁目)の営業を終了すると発表した。販売不振が要因で、売上高はピーク時の3分の1に減っていた。開業から22年で幕を下ろす。今後の建物の活用方法は決まっておらず、入居するテナントも5月末退店の方向で個別に調整していくという。

 宇都宮市内で記者会見したパルコの宇都宮誠樹(うつのみやまさき)執行役(52)は「集客力のあるキーテナントを入れたり経費を圧縮したりして、期待に応えるべくいろいろ努力してきたが、抜本的な改革に至らなかった」と説明した。