もしかして、突発性難聴!?

深美悟准教授

もしかして、突発性難聴!? 深美悟准教授

 ある日突然、何の前触れもなく聴力が低下する「突発性難聴」。音を神経信号に変換する内耳の蝸牛(かぎゅう)や聴神経に障害が起きる感音性難聴の一つだ。原因不明で治療法も確立されていないが、獨協医大耳鼻咽喉・頭頸(けい)部外科の深美悟(ふかみさとる)准教授は「誰にでも起こり得る病気。完治する割合は3分の1といわれ、早期診断、早期治療開始が重要」と訴える。3月3日は「耳の日」。

 深美准教授によると、突発性難聴は片耳に起きることがほとんどで、突然聞こえなくなるため、発症した時刻や何をしていたのかを説明できるのが特徴。原因はウイルス感染や血流障害、ストレスなど諸説あるが、明らかになっていない。2001年の厚生労働省研究班調査によると、治療を受けている人は年間約3万5千人と推定されている。