【あじナビ】秀すし(壬生) 隠れ家の雰囲気で「おいしい魚介を安く」 

【あじナビ】秀すし(壬生) 隠れ家の雰囲気で「おいしい魚介を安く」 

 【こんな店】壬生町役場前の狭い路地沿いにある。住宅も並ぶ地域で、隠れ家的な雰囲気も醸し出している。

 店主は2代目の寺内元唯さん(38)。「すし一本。職人気質」だったという父親の跡を継いだ。

 店内はカウンターや座席のほか、宴会スペースも。寺内さんは「おいしいものを安く食べてもらいたい」とモットーを語る。

 推薦者 塚本一美さん 70歳 壬生町 自営業

 【ここがお薦め】マグロ丼や豚しょうが焼き定食など数種類のランチはすべて850円。定食にはミニ刺し身も付きます。

 1番人気は海鮮丼。旬のネタなど11~12品がのる丼物で、見た目も豪華です。男性客にはアジフライ定食も好まれています。

 もちろん「にぎり鮨」もあり、定番ネタ6貫の「並」は1千円。トロやイクラなどが付く「上」は1500円で味わえます。

 土日もランチがあり、家族連れにもうれしい。一品メニューなども豊富で、夜は居酒屋のような雰囲気も楽しめます。