レストランバー 古舎(宇都宮) 自慢は和洋折衷の創作料理

レストランバー 古舎(宇都宮) 自慢は和洋折衷の創作料理

 【こんな店】オリオン通り近く、釜川沿いにあり、馬車の車輪が出迎えるように花と一緒に置かれている。「古き良き時代のアメリカをイメージした造り」。店に入ると木肌のぬくもりが伝わり、居心地の良さを感じさせてくれる。マスターの大越幸造さん(48)、彰子さん(45)夫妻が17年前に脱サラして始めた。「疲れを癒やす場所。カウボーイたちの休憩所」といったイメージで店づくり。ステーキやピッツアほか、和洋折衷の創作料理が自慢だ。テラスもあり「これからの季節。釜川のせせらぎを聴きながらゆったりした時間を」と彰子さん。

 ■推薦者 菅原秀明さん 35歳 宇都宮市 公務員  

 【ここがお薦め】人気メニューは、わさびしょうゆで食べるステーキ、自家製の和風デミグラスソースで煮込んだ牛もつ煮込み(ライ麦パン付き)、メープルシロップをかけて食べるブルーチーズのピッツア(いずれも890円)など。バーボン、スコッチ、ウイスキーなども豊富。季節ごとのカクレルも女性に人気。「コーヒー焼酎」も楽しめます。

▽所在地 宇都宮市中央本町1の2、ボタンビル1階・電話028・636・5700▽営業時間 午後6時~12時。▽定休日 日曜日。