中国料理 華宴(下野) 料理2品付くランチ人気

中国料理 華宴(下野) 料理2品付くランチ人気

 【こんな店】「手作りの料理を心がけています」と話す店主の中村陽一さん(56)。都内の中華料理店で9年、栃木県内で6年修行を積み、1988年に旧石橋町の中心街にオープンした。店内は円卓の座敷席も合わせ約50席。好評のランチでは幅広い年代の客が集まり、グループで訪れる主婦の姿も目立つという。

■推薦者 宮沢隆之さん 55歳 下野市 公務員

 【ここがお薦め】人気は平日のみの日替わりランチ(850円)。ニラレバやユーリンチー、ホイコーロ、エビチリなど日替わりの料理2品に、スープ、漬物のほか、ご飯は白米(おかわり自由)か自家製の焼き豚が入ったチャーハンが選べ、ボリュームがあります。ランチタイムはドリンクバーも付くので、お得です。

 めん類は、豚肉やタケノコ、エビ、イカなどの具材をあんかけにした「五目そば」(780円)が人気。店オリジナルの「カエンメン」(780円)はひき肉とザーサイのあんかけがかかっており辛さが特徴。寒くなると注文が多くなるとのことです。

 宴会も可能で、お客の要望に応じてくれます。