フレンチレストラン アルページュ(宇都宮) 南仏風店内で本場の味を

フレンチレストラン アルページュ(宇都宮) 南仏風店内で本場の味を

 【こんな店】フランスの三つ星レストランで修行経験がある茂木町出身糸井守シェフ(49)が1990年にオープン、2006年に現在地に移転した。「茂木の野菜は味があっておいしい。過疎化が進む故郷を応援したい」と、茂木町産野菜を使用する。全96席のゆったりとした南仏風の店内で2人から個室が使える。小学生未満も個室予約なら入店できる。

 ■ 推薦者 手塚泰之さん 40歳 日光市 会社員

 【ここがお薦め】15年ほど通ってます。ランチは魚料理や焼きカレーなど10種類以上と豊富で、幅広い年齢層のお客さんに対応。デザートやサラダなどがセットになったパスタランチ(税込み1100円)は、パスタを15種類から選択できて迷ってしまう。今は冷製パスタセット(1200円)もさっぱりとしてお薦め。

 一押しは「アルページュプレート&パスタランチ」(1580円)。ハーフパスタや盛り合わせプレートのほか、魚か肉が選べるなど盛りだくさん。15食限定なので予約を。

 ▽所在地 宇都宮市下戸祭1丁目12の7サンハイツ大渕2 電話028・650・5543▽営業時間 午前11時30分~午後3時(ラストオーダー同2時30分)、午後5時~同11時(同10時)▽定休日 火曜日