豊富な韓国料理がそろう「なんじゃ家」

豊富な韓国料理がそろう「なんじゃ家」

推薦者 平野スミ子(ひらの・すみこ)さん 45歳 那須烏山市 化粧品販売

 【こんな店】オーナーの中島熙子さん(55)は都心で飲食店を手掛けた実績もある。宇都宮への出店は知人の勧めがきっかけ。県内に多くの在日韓国人が生活していることも魅力だった。1994年1月にオープン。「なんじゃ」とは高貴な娘の意味。現在の店は3年前のリフォームで約50席を確保し、昼夜を問わずにぎわっている。

 【ここがお薦め】とにかくメニューが豊富です。ランチは値段が安く、男性でも満足できる量。週に2回は必ず店に足を運びます。

 イカ炒め丼(880円)はコチュジャンの甘辛さが絶妙。調味料は韓国から直輸入るこだわりようで、本場の味がそのまま再現されています。

 豚カルビ定食(980円)、半参鶏湯(1200円)もお気に入り。お肉が柔らかく、数ある県内の韓国料理店でここが一番。

 今の季節なら冷麺(880円)もいいですね。豆乳スープの豆冷麺(980円)は香ばしい風味。女性ならやみつきになりそう。

メモ

 ▽所在地 宇都宮市駅前通り3の4の2。電話028・636・8570▽営業時間 午前11時30分~午前3時(ラストオーダー午前2時30分)▽定休日 年末年始を除き無休