ア・ラ・ターブル(宇都宮) 宮中で磨いた腕振るう

ア・ラ・ターブル(宇都宮) 宮中で磨いた腕振るう

 【こんな店】オーナー渡辺保博さん(60)はホテルオークラやヨーロッパで修行後、宮内庁で厨士として20年以上勤務。昭和天皇や宮中晩餐の料理を手掛けた。那須御用邸など本県に随行する度に県民の温かさに触れたことから、2002年に出店した。

 【ここがお薦め】服装に気を使わず、気軽に楽しめるフランス料理。ランチも夜もコース料理のみですが、どれを食べてもおいしく、値段も控えめ。

 ランチはメーンを魚か肉か選べる月替わりスペシャルコース(1500円)が人気。他にもハンバーグ(1500円)や魚介類のオムレット(1600円)なども。デザートは4種類の盛り合わせで、女性にはうれしいと思います。

 また、男女で異なる手作りドレッシングやドリンクの氷をその飲み物で作るなど、さりげないこだわりも随所に感じられます。

 シェフからロイヤルファミリーの裏話を聞くのも楽しみの1つ。夜のコースは2400円からで、昼夜ともに予約がお薦めです。

 ▽所在地 宇都宮市平出町1652の7 1階電話028・660・9997▽営業時間 午前11時30分~午後1時30分(ラストオーダー)、午後5時30分~午後8時30分(同)▽定休日 木曜日