まんぷく食堂(茂木) いけるマーボーチャーハン

まんぷく食堂(茂木) いけるマーボーチャーハン

 【こんな店】城山公園入り口で30年間「昭和の下町食堂」の灯をともし続けている。定員13人の1階は、“被告の少年の母親が営む小さな食堂”との設定で、テレビドラマのロケにも使われた。赤いのれんをくぐると調理場からカウンター越しに「いらっしゃい」。吉村平八郎店主(71)のどこか懐かしい声が迎えてくれる。

 ■推薦者 川上耕司さん 70歳 茂木町 自営業

 【ここがお薦め】不動の人気メニューは「マーボチャーハン」(700円)です。

 チャーハンとマーボ豆腐を合わせ常連客に試食してもらったところ「いける」とのお墨付き。20年前にメニュー化しました。

 トウガラシの利いたピリ辛しょうゆベースのとろみが、ニラやひき肉、豆腐と一緒にチャーハンにからみボリューム満点。熱々を汗をかきながら味わって。

 「レバー炒め」(400円)も一押しです。強火で炒めたレバーは特有の臭みもなく、モヤシやニラのシャキシャキ感とともに、さっぱりとした味に仕上がっています。「半マーボチャーハンとラーメン」(800円)などお得なセットメニューも豊富です。

 ▽所在地 茂木町茂木1792 電話0285・63・0057▽営業時間 午前11時~午後2時、午後5時~同8時▽定休日 月曜日の昼の部、木曜日