富士多(高根沢) 探究続ける絶品中華

富士多(高根沢) 探究続ける絶品中華

■推薦者 小松勲さん 63歳 高根沢町 パート従業員

 「塩らあめん」(500円)にはまり、通い続けています。手打ちの「完熟自家製麺」は、小麦粉を練った玉の状態と裁断後の2回寝かせているため、腰があるのに軟らか。スープは沖縄・宮古島の塩を使い、さっぱり味で飽きません。

 とにかく何を食べても口に合うんです。「サクサク鳥唐揚げと特製のたれ」(780円)もお薦め。衣はさくさく、肉は軟らかで、しつこさを感じません。皮も自家製の「餃子」(350円)は、十数種類の具材・調味料が入っていてジューシーです。

 約3年前、市貝町から現在地に移転しました。当時はいつ行っても込んでいましたが、今はゆっくりと家庭的雰囲気を味わえます。

 探究を続ける中華料理の味は、初代の滝川治夫さん(70)から長男で2代目店主の博史さん(41)にしっかり受け継がれています。物知りの治夫さんとの会話も楽しい。妻もラーメン好きで、外食先は迷わず決まります。

 お店データ ▽所在地 高根沢町石末145の5 電話028・675・1393▽営業時間 午前11時30分~午後2時、午後5時30分~同10時▽定休日 木曜