懐石ひらいで(宇都宮) 銀座の味 地元で手軽に

懐石ひらいで(宇都宮) 銀座の味 地元で手軽に

■推薦者 和久井利幸さん 56歳 宇都宮市 会社員

 以前、東京に出掛けると決まって食事を楽しんでいた銀座の名門「松鶴」。その料理長だった平出聡さん(50)が6年前、地元の宇都宮に開いたお店です。銀座時代と変わらない味を近所で手軽に味わえて、大満足です。

 特に気に入っているのは上品な味付けの野菜の煮物です。とても柔らかい豚の角煮は脂肪が落ちて、体にも優しいですね。じっくり3日間煮込むそうで、作るとガス代が跳ね上がるとか。

 開店当初は味付けの濃い栃木でやっていけるのか、不安視する声もあったそうです。でも「素材を生かしたい」というご主人の信念は、多くのリピーターをつくっています。

 おかみさんの昌子さん(48)の気さくな笑顔も「また来たい」と思わせる理由です。好き嫌いや配膳時間まで計算されたおもてなしを受けるには、懐石コース(昼・3150円から)を予約することをお勧めします。気軽に楽しみたい方は、平日日替わりランチ(1500円)をどうぞ。

 お店データ ▽所在地 宇都宮市下金井町619の2 電話028・666・3090▽営業時間 正午~午後2時、午後6時~同9時▽定休日 水曜。月1回連休。