手打ちそば処 おがたま(宇都宮) 香り際立つ手打ちそば

手打ちそば処 おがたま(宇都宮) 香り際立つ手打ちそば

■推薦者 三輪健治さん 61歳 宇都宮市 自営業

 店の前に樹齢三十年ほどのオガタマノキが三本あり、その木にちなんで店名にしたそうです。

 店主の直井俊法さん(61)はもともと大工さんでしたが、趣味のそば打ちが高じて昨年十月に事務所を改築して店を出しました。内装やテーブル、いすはすべて直井さんの手作りで温かみを感じます。

 そば粉は、鶴田町の黒崎農場産のものを100%使っています。本人が「いい品に恵まれた」と言うように、食べてみれば違いが歴然とします。二八そばで香りが際立ち、口の中に甘みがいつまでも残ります。

 イチ推しは、天もりそば(千円)。天ぷらはエビのほか、近くで取れる旬の野菜がたっぷり。めんもボリュームがあり、おなかいっぱいになります。もり(六百円)、おろしそば(七百円)、そばがき(三百円)、稲荷(いなり)そばずし(二百円)のほか冬季限定で鴨(かも)つけそば(千百円)などもあります。品ぞろえはシンプルですが、必ず満足すると思います。

 お店データ ▽所在地 宇都宮市氷室町3236の1 電話028・670・6390▽営業時間 午前11時−午後6時▽定休日 水曜、日曜