【県北カフェ巡り】炉心庵(日光)

【県北カフェ巡り】炉心庵(日光)

 築約200年という古民家の重厚さと自然豊かな里山の雰囲気が、時間を忘れさせてくれる。日光市街地から車で30分ほどの小来川(おころがわ)地区。黒川沿いにひっそりとたたずむカフェだ。

 オーナーは調理担当の柴田邦彦(しばたくにひこ)さん(43)、カフェ担当の絵理子(えりこ)さん(35)夫妻。2人とも大手料理専門学校に勤務していたが、邦彦さんが豪商だった親類から古民家を譲り受けたことから独立。建物を後世に残そうと店舗に改修した。

 土・日曜と祝日に営業する。母屋のカウンターや掘りごたつ式のテーブル席で、友人の福井県の専門業者から取り寄せた豆を用いたコーヒー(税込み430円)や手作りのデザートが味わえる。絵理子さんは「くつろぎ、ぼーっとできる空間がコンセプト」と言う。

 邦彦さんは調理師としての腕を振るい、地場産野菜などを使った2種類の和食ランチ(1千~1500円)を提供する。営業日以外でも1日1組の完全予約制で料理を振る舞っており、店内を独り占めすることもできる。

 2人は「リピーターが多く、自転車のツーリングで立ち寄る人もいる。四季折々の自然や料理を味わってほしい」と話している。

 ◆メモ 日光市中小来川2953の1。カフェは土・日曜と祝日の午前11時~午後4時。予約制の料理は3日前まで受け付けており、来店時間などは要望によって変更可能。(問)070・3163・0917。