【麺ロード】手打ちラーメン 俵屋(栃木)

【麺ロード】手打ちラーメン 俵屋(栃木)

 「塩ラーメンのうまさを伝えたい」

 松本佳和(まつもとよしかず)さん(47)が店主を務める「手打ちラーメン俵屋」。こだわりの塩ラーメンを求め連日、県内外からリピーター客が集まる。

 幼少期から料理が好きだったという松本さん。高校生の時にアルバイトをしていたことなどがきっかけで、ラーメン店を志すようになった。

 多くの店を渡り歩き、塩ラーメンのおいしさに気付いたという。当時はしょうゆ味が主流だったが「塩は食材の良い所が出る。不安はあったが、これで勝負しよう」。会社員を経て23歳の冬、現在の場所に店を構えた。

 スープは試行錯誤を重ねた、鶏や豚のガラに魚介のだしなどを合わせた塩ベース。自家製の中太ちぢれ麺もよく絡む。食材は松本さんが自ら市場などに出向いて仕入れ、季節に合わせて産地を入れ替える。

 勝負メニューはチャーシューと白髪ネギが乗った「ネギチャーシューメン(税込み880円)」。コクのあるスープにネギの食感がよく合う。野菜たっぷりのギョーザ(3個、270円)、みそベースのもつ煮込み(400円)も人気だ。

 今年で開店から25年目を迎える。「厳しい声もあったが、多くのお客さんが来てくれるから仕事ができる」。塩へのこだわりと感謝の思いを、今日も一杯に込める。

 ◆メモ 栃木市神田町22の8。午前11時~午後8時半。水曜定休。(問)0282・22・3656。