大勢のサポーターが声援を送った栃木SCの今季開幕戦=24日午後、県グリーンスタジアム

後半35分、栃木SCのFW西谷和が相手選手に囲まれながら果敢に攻め込む=県グリーンスタジアム

大勢のサポーターが声援を送った栃木SCの今季開幕戦=24日午後、県グリーンスタジアム 後半35分、栃木SCのFW西谷和が相手選手に囲まれながら果敢に攻め込む=県グリーンスタジアム

 サッカーJ2は24日に開幕、昨季17位の栃木SCは県グリーンスタジアムで同13位の金沢と対戦し、0-0のスコアレスドローで勝ち点1を獲得した。

 栃木SCはFW大黒将志(おおぐろまさし)、FW西谷和希(にしやかずき)ら昨季までの主力に加え、GK劉鉉(ユヒョン)、DF藤原広太朗(ふじわらこうたろう)、MF岩間雄大(いわまゆうだい)ら新戦力6人が先発出場。前半は開始2分に相手のヘディングシュートがクロスバーを直撃するなど劣勢の展開。41分にゴール正面で岩間雄大(いわまゆうだい)がミドルシュートを放つも枠を捉えられなかった。

 後半19分には劉が相手との1対1を素早い飛び出しで止めるなど好セーブを連発。一方で攻撃は決定力を欠き、32分には大黒が右CKを頭で合わせるも枠の外。37分にゴール正面から西谷和が放ったFKはわずかに右へそれ、最後まで得点を奪えなかった。 田坂和昭(たさかかずあき)監督の初陣となる一戦を見届けようと、会場には5863人のサポーターが詰めかけた。