【よるのみや】五感で楽しむ肉のフルコース 呼馬力(こばりき)

【よるのみや】五感で楽しむ肉のフルコース 呼馬力(こばりき)

 和モダンな店の扉を開けると、目に飛び込んできたのは肉の熟成庫と日本酒、ワインセラー。メニューには、「牛刺し」や「煮込み串」など肉料理が並ぶ。

 「がっつり食べられる焼き肉屋と、お酒を楽しむ居酒屋の要素を融合した新しいお店なんです」と磯信太郎(いそしんたろう)代表(41)。こだわりの県産牛肉は約2時間、低温で火入れしているとか。

 まずは“前菜”として、低音調理のレバ刺(税別680円)に箸を伸ばす。口に入れた瞬間、鼻に抜ける昆布の香りを楽しむ余裕がないほど、ぷりっとした肉の食感に気を取られる。ぜいたくすぎる一品やな…。

 トリュフと雪塩のユッケ(同1980円)は、合わせしょうゆと卵の黄身を絡め、すだちをかけて一口。「肉が溶ける」という表現がぴったり! 肉ながらあっさりしていて、1人で平らげてしまいそう。

 「肉をしっかり味わいたい人に食べてもらいたい」と登場したメインは、黒牛イチボの出汁(だし)まみれ(同1680円)。色鮮やかで上品な盛り付けとは裏腹、肉厚で歯応え抜群。おなかも心も満足やわ。

 五感で味わえて、さらに馬力が付く肉のフルコース。一度ご賞味あれ。